MENU

ドリームウェイで通販する時は〇番窓口を指定すべし!

人気の宝くじ売り場は長蛇の列があり、長時間待たなければいけないことは、もはや常識となっています。

 

ジャンボ宝くじが販売されている大安の日は、6時間待ちの掲示が出ていた年もありました。季節によっては、夏場は暑く・冬場は寒い中、長時間並ぶことになります。それは嫌だという方には、宝くじ購入代行のドリームウェイがぴったりです。

 

ドリームウェイ窓口指定

 

 

宝くじ購入代行のドリームウェイの通販を利用すれば、並ぶ事なくよく当たると言われている1番や7番の窓口指定で購入することが出来ます。

 

そのため、「ドリームウェイで通販する時は1番窓口を指定すべし!」というジャンボ宝くじを購入する人たちにとっては暗黙のルールがあります。

 

もしあなたに拘りのラッキーナンバーがあって、「3番窓口の方が当たる気がする!」という場合は、3番窓口を指定することも可能です。

 

しかし、本気で当てに行くのであれば1番左の『本当の1番窓口』を指定するべきです。(※理由は後述します)

 

せっかく並ばずに人気窓口の宝くじが変えるドリームウェイを利用するのだから、必ず「窓口」を指定して購入代行を依頼するようにして下さい。当選確率を大幅に上げる事ができます。

 

 

宝くじは大安に購入代行頼んだ方が当たる?

 

宝くじの当たる確率を上げたいなら、取り扱い数が多い所で購入するというのが基本です。

 

ドリームウェイ大安

 

100枚しか扱っていないところに比べると、1万枚・10万枚扱っている所の方が確実に当たりくじが含まれている可能性が高くなるからです。

 

 

ただ、そうした売り場まで行く事が出来ないという人も決して珍しくありません。
また、そもそも初日や大安など、数少ない日に絞って売り場に並ぶというのもなかなか大変な事です。

 

その点、宝くじの購入代行を利用すれば自分の代わりに購入してきてもらう事が出来ます。
特に西新宿チャンスセンターは人気の売り場となっており、初日から大勢の人が訪れるので余計に時間がかかってしまいます。

 

 

また、出来るだけ当たる確率をアップさせたいと思い『大安』に頼む方も多いですが、日にちはさほど気にしなくて大丈夫です。

 

宝くじの当選確率を上げるのに必要なのは流通量の多い『売り場』であって、縁起の良い日ではありません。

 

1番流通量の多い場所であれば、何日に買おうが当選確率は同じです。

 

勿論、日柄の良い日を選ぶことはゲン担ぎと言う点から見れば無意味とは言い切れません。それをしたからと言ってどれだけ当たる確率がアップするかは分かりませんが、少なくとも何もしないよりは期待も高まるし「やるだけやった!」という自信があれば毎日を生きる活力にもなるでしょう。

 

 

でも忘れないで頂きたいのは、宝くじに当たるために重要なのは『売り場』であって、『日にち』ではありません。
(大事なことなので2回言いました。笑)

 

「初日終わっちゃった!」とか「大安昨日だったよ・・・」なんてせっかくのチャンスを諦める必要はないので安心して下さい^ね^

 

実は僕自身もドリームウェイの購入代行を利用しているのですが、今までは300円しか当たった事がなかったのにジャンボで30万円以上が当たったので、これはなかなか良い方法だと感じています。

 

 

>>ドリームウェイの口コミ評判は?宝くじ通販を体験レビュー TOPへ